メニュー

初診の方へ

当院は頭痛やめまいでお困りの方、頭痛や耳鳴りがひどくすぐに受診したい方が安心して受診できるクリニックを目指しております。受診当日に痛みやめまいがなくても、受診は可能です。
予約優先制としておりますので、診療科目を選択し、予約可能な枠からご希望の時間帯をお選びください。頭痛がある方は脳神経外科、めまいがある方は基本的には耳鼻科をお選びください。

めまいで予約なく受診なさりたい方は、まず脳神経外科で命に関わる中枢性(脳や脳幹)の疾患がないかどうか診察をいたします。その後、中枢性のめまいを否定してから耳鼻科を予約で受診していただくこととなります。何科の予約を取っていいかわからない方はまず脳神経外科でご相談ください。
現在服用中のお薬のある方は薬剤情報をお持ちください。他院からのご紹介の場合は紹介状をお持ちいただくとスムーズです。頭痛やめまいのない方の受診も可能です。ご希望の診療科をお選びください。耳鼻科はめまいの他、基本的に難聴・耳鳴り・アレルギー性鼻炎(減感作療法含む)には対応します。吸引、ネブライザーや鼻・喉のファイバースコープは用意がなく、対応しておりません。
2023年11月24日より、ご希望の予約時間をできるだけ守ることを目的に、脳神経外科・耳鼻咽喉科の保険診療のご予約に対し、初診の方に予約料1,100円(税込)がかかります。耳鼻科の全ての診療時間と、脳神経外科の平日9:30〜13:30までと16:00〜18:30まで、脳神経外科の土曜日全ての診察時間に適応されます。

選定療養の予約診療日(予約料)についてはこちら

初診の場合は必ず事前にご予約および問診の記入をお願いいたします。
特に頭痛診療では患者様からの問診の情報が大変重要になりますので、ご協力ください。
ご予約のない患者様も拝見いたしますが、お待ちいただく時間がご予約の患者様に比べて長くなりますことをご了承ください。
未成年者様には保護者の方がおつき添いください。お子さんの受診につていは、問診でご自身の症状を自分でお話できるようになる10歳頃からの受診をお受けしております。頭を強く打ったなど緊急の場合にはこの限りではありません。また、何歳でも、発達障害や不登校、小児特有の疾患などほかの要因がある場合には、連携が必要となりますので、必ず小児科も受診し、紹介状を持参していただけますよう、よろしくお願い申し上げます。


予約後にご都合が悪くなった場合、必ず予約の削除または変更をお願いいたします。
当院への受診を心より希望なさっている患者様に、より円滑で充実した医療を提供するために、予約キャンセルご希望の場合は、早めにキャンセル手続きをお済ませいただきますようお願い申し上げます。当日キャンセルの場合には予約料をお支払いいただきます。
ご面倒とは存じますが、何卒、ご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

頭痛めまい外来初診で行う検査および料金

保険適応の検査・治療

検査の実施は基本的には初診時と、主治医が検査を必要と判断した場合のみとなります。
3割負担の保険診療の場合
頭部CT検査:およそ5000円
脳波検査:およそ3000円
血液検査:検査項目の内容により、料金や検査判定までの期間は異なります。
その他、初診料(およそ860円)、初診のみ脳神経的な診察料(およそ1500円)がかかります。

行う検査項目によっても異なりますが、当クリニックの脳神経外科初診でこれらの検査を行うと3割負担で1万円前後となることが予想されます。

受診される患者様へのお願い

当院では感染予防策に努めておりますが、院内での感染を可能な限り防ぐため、風邪症状やCOVID-19に対する診療については行っておりません。(アレルギーの症状はこの限りではありません。)
1週間以内の発熱や上気道症状を認めた患者様については、事前の電話連絡をお願い致します。
当クリニックは保険医療機関として、毎月の月初めに保険証の確認が義務付けられております。来院時に保険証原本の提示をお願いいたします。また、医療証のある方は併せて毎回お持ちください。
再診の方も、毎月の月初めには保険証の確認が必要になります。

保険証が確認できない場合は、保険診療としてお取り扱いができず、自費負担となりますので、ご了承ください。
現在当院では、「日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND)」に協力しています。
当クリニックを受診された患者さんの臨床データを日本脳神経外科学会で集計し、解析させていただき、脳神経外科医療の質の評価に役立てることを目的としております。データは個人を特定できない形で、日本脳神経学会に提出いたしますので、患者さんのプライバシーは保護されます。この研究への情報の提供を拒否される方は、院長片桐彰久までその旨をお申し付けください。

当研究事業についての資料の閲覧を希望される方は、こちらをご参照ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME